名入れカレンダーを選ぶコツ

カレンダーイメージ名入れカレンダーを初めて作る方、種類の多さに迷ってしまいませんか?
デザイン、サイズ、製本方法などなど、選び方の基準もそれぞれ。正解もありません。
そこで、カレンダーを選ぶための重要なふたつの要素をまずは考えてみましょう。

それはカレンダーを作るお客様の「自社ブランド」そして、カレンダーを配る先の「お客様」です。

これを押さえることで、名入れカレンダーはさらに良い販促ツールになります。

自社ブランドをひとつめの基本に

カレンダーイメージ

名入れカレンダーは、顧客のもとで自社の宣伝を365日してくれる大変便利な販促ツールです。

社名が記載されたカレンダーは会社の「代わり」といっても過言ではないでしょう。
しかし、そのカレンダーのデザインが、自社ブランドのイメージとかけ離れていたらどうでしょう?
「会社のイメージが離れることにより取引先にネガティブな印象を与える」というのは極端な話ですが、企業イメージがずれることなく良い印象を持ってもらうために、名入れカレンダーの完成図をしっかりイメージすることをお勧めします。

配り先のお客様のためのカレンダーを

名入れカレンダーは作って配って終わり、ではありません。使ってもらって初めて、販促ツールとして効果を発揮します。
そのためには、飾ってもらえるカレンダーを考えます。自社のイメージを損なわず、取引先に活用してもらえるカレンダーです。
顧客の情報を分析し、飾って役に立つか、シミュレーションをします。

事務所が広い取引先が多ければ・・・

遠くからも日付が確認できる大きな壁掛けカレンダーが喜ばれそう!

デスクワークが中心の取引先が多ければ・・・

デスク周りにおける卓上カレンダーの方が活用してもらえるかもしれない!

個人宅のお客様が多ければ・・・

小さな子どもや女性が好きな、可愛いデザインのカレンダーなら飾ってもらえるはず!

ただカレンダーを選ぶのではなく、
配り先の様子から仮説を立てれば、顧客に喜ばれ、販促ツールとしての効果がより高いカレンダーを見つけることができます。
ぜひ自社と取引先にマッチした名入れカレンダーをお選びください。

名入れカレンダー