六曜とは

カレンダーイメージ日本の暦には、その日の運勢を示す、六曜があります。
「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つを暦注を指し、それぞれ意味を持っています。
結婚式は「大安」、葬式は「友引」を避けるなど、日常生活の様々な場面、主に冠婚葬祭などで活用して判断することがあります。
ただし六曜には科学的な根拠はありません。あくまでも個人としての活用の範囲と考えるべきですが、広く世の中に広まっておりますので、社会生活の中で冠婚葬祭などマナーを重んじる際には考えるべきでしょう。

もともと中国で生まれたと言われていますが、定かではありません。
日本には鎌倉時代以降に伝わったと考えられおり、第二次世界大戦以降国民の間に広く普及しました。
順序は、【先勝 → 友引 → 先負 → 仏滅 → 大安 → 赤口】の順で繰り返されていますが、旧暦の1日の曜が決まっているため、月の変わり目には順番が変わります。

rokuyounashi  

カレンダーに掲載されている暦用語

文字月表など情報満載のカレンダーに掲載されている用語です。ぜひカレンダーをご覧ください。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
一粒の種を植えても万倍になるといわれる日のこと。他人に物を出すのは利があり、他人から物を受けるのは凶。種まき、投資、金銭の貸し出し、土地や家を買いとるために他人に支払うのは大いに利あり。逆に借金は大凶となる日といわれています。
庚申(かのえさる)
干支の組み合わせの57番目で帝釈天を祭る日といわれる。善人は大吉日、悪人は身を滅ぼす大悪日と言われています。
灌仏会(かんぶつえ)
お釈迦様が旧暦4月8日に生誕した伝承に基づいている。日本では4月8日に行われ、降誕会や花祭りともと言われています。
三隣亡(さんりんぼう)
宇宙創造の霊とする三輪宝を祭る日と言われる。十二支の活動が凶変すると言われ普請、造作をすれば三軒隣まで災害を及ぼすとも言われ、現在でも、棟上げなど建築に関することの凶日とされ、建築関係の工事などは避けられることがあります。
不成就日(ふじょうじゅにち)
何事も成就しない日とされ、開業や結婚、契約ごとや諸芸事始め、願い事などには凶日とと言われています。