ご注文前にお読み下さい【印刷方法について】

総文堂の名入れカレンダーは、小ロット・低価格。そのため、名入れ(社名印刷)は専門の職人により手めくりで、一枚一枚印刷しております。
印刷は丁寧に行っておりますが、人の手で行っているため、インク写り、印刷のかすれ、めくりじわ(若干の折り目)などが、どうしても出ることがございます。
なにとぞご理解とご了承をいただけますよう、お願いいたします。

「めくりじわ」とは

NF-211__5  

カレンダーの名入れ印刷は、通常、「チャリンコ」と呼ばれる専用機を使い、金具や厚紙などですでに製本された状態のカレンダー(完成品)を熟練の職人が一枚一枚手めくりで行っていきます。
手でめくりながら印刷を行うため、若干のめくりじわ(折り目)が残ることがあります。

カレンダーの紙の種類によって変わる印刷の仕上がり

印刷では、スミ(黒)以外の色刷りの場合、特にインクの濃淡や紙質により影響が出ます。
カレンダーの印刷に使用するインクの特性上、特色等でご指定いただいても、若干刷り色が異なる場合もあります。特色ご指定で、以前の印刷物と同じ色味などをご希望の方は、実際の「印刷見本」を当社までお送りください。
弊社が販売しているカレンダーの紙には、大きく分けて「コート紙」「マットコート紙」「上質紙」「ケント紙」「クラフト紙」の5種類があります。

各紙の特徴

コート紙 用紙の表面に塗料をコーティングしたつるつるとした手触りの紙です。
印刷時の発色が良いので、色ムラなどが目立つ傾向もあります。
マットコート紙 適度な光沢があるしっとりとした質感の紙です。
上質紙 コーティングがされてない為、光沢が無く色は少し沈みます。
ナチュラルで温かみのある紙です。
ケント紙 滑らかな表面で白さが特徴です。
メモ書きなどに適しています。
クラフト紙 もともとは包装紙に使われてきた紙です。
他の紙にはない独特の味と強い強度が特徴です。
紙の特性上、色ムラなどが目立つ傾向もあります。

印刷機「チャリンコ」特有の色ムラについて

カレンダーは表紙も含め13枚が重なっているため、1枚目の表紙と13枚目の12月では、印刷にかかるローラーの圧が変わります。そのため6月あたりの中心がベストになるように印刷されますが、表紙では濃く印刷され12月では少し薄くなる傾向があります。
「チャリンコ」は一般の印刷機と違い、簡素な作りになっていますので、高度な印刷には適しておりません。
特に全面色ベタ・アミ点・グラデーション等は、デザインの再現性に多少の難が出ることもあります。
原稿作成時には、なるべく上記の表現手法を使用しないよう、推奨しております。
※壁掛けカレンダーは通常この方式で印刷を行います。

箔押し印刷について

「箔押し」は、凸版とよばれる型を作成し、専用の機械の熱と圧力により、金箔や銀箔などを対象素材に印刷いたします。熱と圧力で印字を行うので、小さな文字や複雑なロゴ等は潰れる可能性があります。

  
※卓上カレンダーは通常この方式で印刷を行います。

商品が届きましたら

商品が届きましたら、ご注文内容に間違いがないか、ご確認ください。
商品、冊数、名入れの内容、ポリ袋・専用袋の有無等、早めにご確認いただき、何か問題がございましたら、当社までご連絡をお願いいたします。

返品・キャンセル・交換について

印刷商品の特性上、お客様のご都合による返品・交換はご容赦いただいております。
以下の場合は返品・交換はお受けできませんのでご了承ください。
・1度ご使用になられた商品。
・お客様が汚損、破損された商品。
・商品到着後10日以内に返品、交換のご連絡がない場合。
・お客様のご都合による返品。
破損・汚損・商品違い等がございましたら、商品到着後7日以内にご連絡の上、ご返送ください。
ご相談の上、代替品とお取り替え等のご対応をさせていただきます。
返品送料は弊社が負担いたします。
商品が品切れの場合は、同タイプの商品と交換できない場合がございます。
どうぞご了承をお願いいたします。

中途解約(キャンセル)について

完全受注生産のため、原則としてご注文後の中途解約はお受けできません。
ただし、ご注文の当日までにご連絡があれば、ご注文の取り消し、変更をお受けいたします。
その後の注文の取り消し、および変更につきましては、別途料金等が発生する場合がございます。ご注意ください。